Bois's diary


MIMOCA 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

2020年07月17日
好きなもの 旅のはなし
 

 

ご縁があって、去年から愛媛県今治市で家づくりの仕事をさせて頂いています。
これまでもう何度も今治に通ってきましたが
観光などへ行く時間がなかなか作れないままきてしまいました。
引き渡しも近づいてきた事もあり、せっかくの機会を有効利用しなければと思い
やっと先日、ずっと行きたかったお隣香川県丸亀市の 猪熊弦一郎美術館を見に行くことが出来ました。

 
この美術館の設計は谷口吉生氏。
谷口氏の設計した美術館はもう一つ愛知県の豊田市美術館に行ったことがあります。
豊田市美術館は、それは美しくて一度で大好きになった美術館です。
展示空間には来館者が作品としっかり向き合うための工夫と気遣いが細部まで行き届いていて
不思議と疲れを感じることがなく、観終わった後に感じる後味が何とも言えず心地良いのです。
丸亀市の猪熊弦一郎美術館は、長寿命化の為の改修工事が行われていて
今年春に再オープンの予定でしたがコロナ禍で延期になりましたが、6月にリニューアルオープンしていました。


 


やっぱりこの美術館も
たっぷりした空間に、柔らかい光と静寂に囲まれた空気が漂い
猪熊さんの作品といろんな距離と角度からじっくりと向き合える美しく楽しい美術館でした。
猪熊さんの作品、年代を追って鑑賞したのは初めてでしたが
どの年代の作品も私はその「色」が好きで、特に色と色の組み合わせが素敵だなあと思うのです。

 
そのほか、今回の企画展では田園調布の吉村順三設計の猪熊邸の模型や室内を再現した展示がありました。

 

この田園調布の猪熊邸は大沢さんとおっしゃる建築家がお住まいになっていて
何年か前にご縁があって見学させて頂いたことがありました。
今は老朽化に伴って改装されてしまったようなので
またあの時の空間を垣間見ることが出来てワクワクしました。




この日は生憎のお天気だったので
美術館のほかはどこへも行かずに松山へ。
今度行く機会があれば丸亀の街も探索したいな・・・


 

 

 

 


 


CATEGORIES   カテゴリー

ARCHIVES   年代別一覧

PROFILE   プロフィール 

一級建築士
藤田 敦子 Atsuko Fujita
 
1971年大阪生まれ。淀川のほとりのベッドタウンで育つ。神戸の設計事務所にて住宅・集合住宅の設計に携わる中、阪神・淡路大震災を経験。その後ヨーロッパへのべ半年放浪し様々な人々の暮らしと有名建築を見て歩く。帰国後上京し、都内中規模ゼネコンにて住宅・店舗・オフィスビルなどの設計・現場管理に携わる。2006年に無垢の木と漆喰の家づくりに出会い、2008年独立し一級建築士事務所Bois設計室を開設。現在に至る。

CATEGORIES   カテゴリー一覧

ARCHIVES   年代別一覧

OTHER MEDIA その他のメディア