Bois's diary


企画展終了!ありがとうございました!

2019年11月19日
企画展
 

 



今年の「木の家と暮らしの手仕事展」は関わって下さった方皆さんのお陰で
 
大盛況で終了できました。
 
参加頂いた作家の皆さま、ヴィーガンマフィンの七曜日さん、デザインの山本さん、カメラマンの砺波さん
 
日々忙しいのにお休み無しでお菓子やお弁当まで出して下さった池田さん、準備や運営を手伝ってくれたさとうさん、
 
いつもアロマワークショップでご協力いただいているUZUMAKIの佐々木さん、
 
ポスティングでお世話になっている政野さんやスタッフの皆さま。。。。
 
それに、自宅で開催するイベントに嫌な顔一つせず協力してくれる家族にも
 
本当に感謝です。
 
  
  
 
 
そして遠いところをこんな山の上まで時間をやりくりして来て下さった皆さま、
 
本当にありがとうございました。
 
今回は、私にとって実はちょっと特別な企画展でした。
 
以前設計させて頂いたお家の奥さんKさんが、今年の3月末に末期の肺がんであることが判明して
 
それ以降、暑中見舞いとこの企画展の案内を差し上げたりしたのですが連絡がなく、
 
また私からどうお声を掛けて良いか分からず
 
ずっと心に重いのもを抱えていました。
 
それが、、、
 
企画展の初日の日にKさんは歩いて一人でここへ来てくれました!
 
奇跡的にお薬が効いて、もちろん闘病中である事は変わりないですが
 
また会えた!!
 
初日は予想外に沢山の方にお越し頂き、OPEN前から並んで頂いている状態で
 
テンパリまくっていた私でしたが、思わずKさんに抱きついてしまいました(泣)

 
 
そして来て下さった方には、みんな楽しんで頂けたかなあ。
 
私はめちゃくちゃ楽しかったんですけどね。
 
今回は直前まで大忙しで、このblogで全部の作家さんの紹介が出来なかったですが
 
ここに写真いっぱい上げますね。(insutaglamではほぼ毎日発信してたんですが)
 
それと、企画展終了後に来場くださった方にお礼のハガキをお送りしていたのですが
 
データを収納していたハードディスクの破損!により作業がストップしているので
 
お送りするのは断念します。
 
   
 
   
また来年、楽しくてワクワクする様な企画展ができる様にしたいです。
 
さてさて、しばらく本業に専念します!
 

 


CATEGORIES   カテゴリー

ARCHIVES   年代別一覧

PROFILE   プロフィール 

一級建築士
藤田 敦子 Atsuko Fujita
 
1971年大阪生まれ。淀川のほとりのベッドタウンで育つ。神戸の設計事務所にて住宅・集合住宅の設計に携わる中、阪神・淡路大震災を経験。その後ヨーロッパへのべ半年放浪し様々な人々の暮らしと有名建築を見て歩く。帰国後上京し、都内中規模ゼネコンにて住宅・店舗・オフィスビルなどの設計・現場管理に携わる。2006年に無垢の木と漆喰の家づくりに出会い、2008年独立し一級建築士事務所Bois設計室を開設。現在に至る。

CATEGORIES   カテゴリー一覧

ARCHIVES   年代別一覧

OTHER MEDIA その他のメディア