Bois's diary


191015

2019年10月15日
日々の出来事
 

 

先週から関西方面へ出張していて、台風の夜も大阪でずっとニュースを見続けて不安な夜を過ごしました。
 
明けてみれば、うちの周辺は雨風も前回の台風よりひどくは無かったとの事でした。
 
独立してからずっと連れ添っていたオリーブの植木が倒れて鉢が割れてしまっただけで済みました。
 
ですが多摩川や茨城の那珂川など河川氾濫の被害がまだまだ深刻で
 
大変な思いをされている方があちこちに沢山いる状況・・・
 
 
 
住まい手が家を建てる時、
 
私は設計者としてその立地条件によってあらゆる事態を想定して
 
仕事をしてきているつもりではありましたが、
 
ニュース報道を見ながら、
 
まだまだ出来る事、考えるべき事があるのでは無いかとあれこれ考えてしまいます。
 
 



倒れてしまったオリーブの木は、以前より安定感のある大きな鉢に植え替えて
 
無事元気でいてくれています。
 
最初に自由が丘に事務所を作った時からずっと一緒だったオリーブ。
 
虫に根っこを食べられてしまったり、大雪や台風にも何度も遭っていてもうダメかも・・と思った事も何度も。
 
ウチは日当たりもあまり良く無い場所だし、
 
忙しいと水やりを長い間忘れてしまう自分勝手な飼い主にも関わらず
 
それでも毎年花を咲かせて実をつけます。
 
葉っぱは少なめ、、フサフサじゃ無いけど。
 
その強さと生命力に時々励まされています。
 

 


CATEGORIES   カテゴリー

ARCHIVES   年代別一覧

PROFILE   プロフィール 

一級建築士
藤田 敦子 Atsuko Fujita
 
1971年大阪生まれ。淀川のほとりのベッドタウンで育つ。神戸の設計事務所にて住宅・集合住宅の設計に携わる中、阪神・淡路大震災を経験。その後ヨーロッパへのべ半年放浪し様々な人々の暮らしと有名建築を見て歩く。帰国後上京し、都内中規模ゼネコンにて住宅・店舗・オフィスビルなどの設計・現場管理に携わる。2006年に無垢の木と漆喰の家づくりに出会い、2008年独立し一級建築士事務所Bois設計室を開設。現在に至る。

CATEGORIES   カテゴリー一覧

ARCHIVES   年代別一覧

OTHER MEDIA その他のメディア