Bois's diary


木の家と暮らしの手仕事展2018【参加作家:陶器 石川若彦さん】

2018年11月18日
企画展
 

 


石川若彦さんの器は、もうずっと長いことうちで使っています。
 
代官山のギャラリー無垢里さんで毎年9月頃されている個展や
 
春と秋に開催されている益子の陶器市に行ったり。
 
何度足を運んでも飽きの来ないデザインの器。
 
全くセンスの無い私の料理も、石川さんの器だと結構美味そうに見えたりして
 
俄然気分も上がります。
 
今年はどんな器が届くかなぁ・・・心待ちに待っております。。
 
 
 
ちなみにこれ、うちで使っている石川さんのポットとお皿です。





たいへんな粗忽ものの私は、
 
しょっちゅう、うわの空で家事をしていたりするので
 
ちょいちょい手を滑らせて粗相をしてしまうのです・・・
 
好きな器がこんなことになっちゃってーっと話をしたら
 
親切な漆作家さんの若林さんが金継ぎしてくれました。
 
こうなると、ちょっとまた雰囲気変わってカッコいいんです。
 
 
 
「木の家と暮らしの手仕事展」
 
日時 2018.11.23~12.2    13:00ー17:30 会期中無休 
 
場所 Bois設計室 川崎市宮前区犬蔵3-11-25   (駐車スペース2台敷地内にあり)
 
 
 
【参加作家】*敬称略
 
・木工 相原利行
 
・陶器 石川若彦
 
・陶器 長野大輔
 
・ホームスパン 松島しづ
 
・陶器 吉澤奈保子
 
・家具 小田時男
 
・花と古道具 Urikke
 
 
 
【food】ヴィーガンマフィン屋 七曜日
 
 11/25(日)13:00~ ヴィーガンマフイン限定販売
 
 *クッキーは初日11/23(祝)から販売します。
 
 
 
【work shop】ナチュラルケアサロン UZUMAKI
 
12/2(日)13:00~17:30随時:自然療法クレイテラピー・・・クレイパックでお疲れの部位を癒します。
 
1箇所/1000円
 
 
 
最後に・・砺波さんの素敵な写真・・・ver.03


 


CATEGORIES   カテゴリー

ARCHIVES   年代別一覧

PROFILE   プロフィール 

一級建築士
藤田 敦子 Atsuko Fujita
 
1971年大阪生まれ。淀川のほとりのベッドタウンで育つ。神戸の設計事務所にて住宅・集合住宅の設計に携わる中、阪神・淡路大震災を経験。その後ヨーロッパへのべ半年放浪し様々な人々の暮らしと有名建築を見て歩く。帰国後上京し、都内中規模ゼネコンにて住宅・店舗・オフィスビルなどの設計・現場管理に携わる。2006年に無垢の木と漆喰の家づくりに出会い、2008年独立し一級建築士事務所Bois設計室を開設。現在に至る。

CATEGORIES   カテゴリー一覧

ARCHIVES   年代別一覧

OTHER MEDIA その他のメディア