Bois's diary


企画展お休みのお知らせ

2016年11月16日
企画展 お知らせ
 

 

毎年11月に開催していました「木の家と暮らしの手仕事展」
 
今年は一度お休みさせていただくことにしました。
 
毎年楽しみにしてくださっている方も増えてきて手応えを感じてきたところでしたので
 
とっても、とっても残念なんですが。。。

参加作家さんのご事情がいろいろ重なったこともあり、来年に向けて新たな作家さんとの出会いも
 
模索しつつ、これまで参加いただいた作家さんたちの態勢が整ってまた素敵な作品を拝見できる日が
 
来るのを期待したいと思っています。
 
そして早速、益子の秋の陶器市に行ってきました。



ものすごい数の作家さんのテントが並んでいて
 
午前中でギブアップ・・・・目がお腹いっぱいに・・・
 
中には素敵な作品を作っていらっしゃる作家さんももちろんいらっしゃって
 
勉強になりました。
 
益子のメイン通りに藍染の農家さんがあって中を公開されていたので立ち寄りました。



すごくすごく手間暇のかかる藍染。今では化学染料がほとんどで本物の藍を使って染めていらっしゃる
 
ところは日本全国でもほんの数えるほど。
 
その中で継承し続けていらっしゃるのは並大抵のご苦労ではないはず。

この道具、綿花から種を取り除く道具だそうです。右のコロコロしたものが取り除かれた種。
 
昔々のテレビも無かった時代には、こういった手作業をして家族で夕食後を過ごしたのだそうです。
 
 最後に昨年の企画展にもご参加いただいた石川若彦さんのテントでお茶などいただいて
 
奥様からもいろいろと今後のアドバイスを頂けて良い時間が過せました。ご一緒いただいたSさんも
 
きっとお疲れだったことでしょう。楽しかったですね、ありがとうございました!
 





 


CATEGORIES   カテゴリー

ARCHIVES   年代別一覧

PROFILE   プロフィール 

一級建築士
藤田 敦子 Atsuko Fujita
 
1971年大阪生まれ。淀川のほとりのベッドタウンで育つ。神戸の設計事務所にて住宅・集合住宅の設計に携わる中、阪神・淡路大震災を経験。その後ヨーロッパへのべ半年放浪し様々な人々の暮らしと有名建築を見て歩く。帰国後上京し、都内中規模ゼネコンにて住宅・店舗・オフィスビルなどの設計・現場管理に携わる。2006年に無垢の木と漆喰の家づくりに出会い、2008年独立し一級建築士事務所Bois設計室を開設。現在に至る。

CATEGORIES   カテゴリー一覧

ARCHIVES   年代別一覧

OTHER MEDIA その他のメディア